シルキーズプラス
ヘッダー枠
  • WASABI
  • A5和牛
  • DOLCE
  • シルキーズSAKURA
  • シルキーズプラスα
  • バタフライシーカー ~カオス・ナイトメア~
  • バタフライシーカー
  • 景の海のアペイリア~カサブランカの騎士~
  • 景の海のアペイリア
  • あけいろ怪奇譚
  • 根雪の幻影 白花荘の人々
  • なないろリンカネーション

年末年始休業のお知らせ

各種お問い合わせ受付&ユーザーサポートは、12/29(金)~1/4(木)まで休業いたします。その間いただいたメールの回答は、1/5(金)以降となります。
ご迷惑をお掛けいたしますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。

更新履歴

  • あけいろ怪奇譚

    学園七不思議解決ADV

    四人の女生徒が立て続けに自殺した。
    その衝撃的な事件は一部の生徒たちの間で不謹慎な盛り上がりを見せ、
    いつしかこう噂されるようになった。
    四人の女生徒は学園の七不思議の一つ、『旧校舎の幽霊』に呪い殺されたのだ……と。
    多くの者にとってはくだらない噂であり、その他大勢の一人である佐伯社にとってもそうであった。
    しかし、社には無視しきれない理由があった…………

  • なないろリンカネーション

    涙あり笑いありのホームコメディADV

    大学三年生の夏。
    加賀見 真は亡くなった祖父から譲り受けた家に移り住み、
    かねてからの念願だった一人暮らしを始める――はずだった。
    祖父の家にやってきた真を出迎えたのは、座敷わらしの少女と自らを鬼と称する女性。
    彼女らは鏡に映らず、自分以外の人間の目には映らない不可思議な存在だった…………

  • バタフライシーカー ~カオス・ナイトメア~

    クライム・サスペンスADV

    ――これは、ひとつずれた縦糸の物語

    白織市に春が来た。冬の名残の冷気と狭霧の渦巻く、幻惑の春が。

    異常心理犯罪対策班の学生ユニット「ムシクイ」の部室にも、目に見えない春霞が侵入したようだった。
    頼れる先輩である氷室千歳は卒業し、増員はなく、戦力不足に配慮してか事件の委任は途絶えたまま。
    年度末の多忙から一転、ふやけそうな停滞だけが満ちている。

    そんなある日、「ムシクイ」に新たな事件が持ち込まれる。 操作に臨んだ遠野たちは、事件の影に見え隠れする謎の少女の存在に気付いたのだった――

  • バタフライシーカー

    クライム・サスペンスADV

    舞台は北国の都会、白織市。
    夏は霧に、冬は雪に煙るこの広大な街は、
    逸脱した心理に起因する凶悪な犯罪に悩まされてきた。
    警察署内に「異常心理犯罪対策班」を設立するが、
    それでも追いつかず、最近では有望な学生を極秘裏に
    「学生捜査員」として抱えこむまでに至っていた。

    市立白織学園の昆虫美食部、通称「ムシクイ」も、
    そうして設けられた学生捜査員たちのユニットである。
    人の仕草や言動から深く心理を読み取る天童優衣。
    文字情報の暗記力に優れ、プロファイラーを目指す氷室千歳。
    高い身体能力を生かして犯罪者と対決する早乙女羽矢。
    そして、死の遠因を視る特殊能力「バタフライ・シーカー」の持ち主、遠野圭介。
    遠野の超自然的な力に部員たちの特性が加わり、
    「ムシクイ」はそれなりの成果をあげていた。

    そんな折り、遠野たちのもとにある報せが届く。
    それは、過去に市を震撼させた大量殺人犯「蜘蛛」が
    6年の時を経て再び活動を開始した、というものだった。

  • 根雪の幻影 白花荘の人々

    ホラー&サスペンスAVG

    ミッション系学園女子寮を改装したペンション「白花荘」を舞台に繰り広げられる
    愛欲のサスペンスAVG。

  • 景の海のアペイリア~カサブランカの騎士~

    恋と青春の科学冒険ファンタジー

    友人がいなくなった。
    沙羅と七海から相談を受けた零一は、バウンダリーⅡαシステムというアプリの存在を知る。
    一ヶ月間もセカンドへログイン状態だという友人の謎を解くため、零一は再びセカンドへログインする。
    それは、新たな事件の幕開けだった。
    αシステムに閉じ込められた零一は、ログアウトの方法を模索する。
    しかし、彼はアペイリアの記憶を失っていたのだった――

  • 景の海のアペイリア

    恋と青春の科学冒険ファンタジー

    名前も顔も居場所も知らない。
    実在するかさえわからない。

    お前を必ず見つけ出す――

    『このメールは未来から送信されている』

    2045年冬。
    双葉学園萌えるAI研究会に所属する桐島零一は、
    偶然にも自我のある人工知能アペイリアの開発に成功する。
    触れてみたい、とパソコンの中の彼女が言う。
    零一はAI研究会の部員たちと共に、デジタルの彼女に触れる方法を模索する。
    そしてアペイリアの機能を使い、完全没入型VRMMO【セカンド】を作った。
    剣と魔法、科学の融合したその仮想世界は第二の現実で、
    彼らは馬鹿騒ぎをしながら冒険を始める。
    だが、【セカンド】は制御の利かない危険なゲームだった…………